れいのアメリカ生活ブログ

ラスベガスとかうさぎとかパンとかスイーツとか

グリーンカード取得について

こんにちは、筋トレしすぎて肋骨の間の筋肉が肉離れしたれいです。

 

さて今日は結婚でグリーンカードを取得する流れについて記載してみようかと思います。ま、自分の覚書的な。

ただ私、弁護士を使わないで自力申請をしたので、他の人の経験やブログにすごい助けられたんですよ。

だから私もその恩返しと言ってはなんですが、こんな記録でも誰かの役に立てばいいなあ、と。文字多めですがあしからず。

 あ、あとこれ、2015年のことですので。最新のものは公式のUSCISのサイトでお確かめくださいね。

 

f:id:shunray3:20170429085352j:plain

 

9/2:結婚。本気で書類準備スタート
9/23:ハワイから書類郵送
10/1:システムに登録される
10/10:Finger Printが10/21に設定される
10/13:待ち切れずWalk inでFinger print
10/19:追加書類提出要請が来る(1箇所旦那の名前書き忘れw) その日に即発送
11/10:全書類が審査通過
11/19:Interviewが12/22に設定される
12/8:Employee AuthorizationとAdvance ParoleがApproved
12/10:EAD/AP Card受け取り
12/22:Interview→結果をPendingされて泣く
12/25:祝日ApprovedというChristmas Present
12/27:Welcome Letter受け取り
12/28:USCISよりPermanent Resident Card発送される
--12/30 引越し--
12/31:郵便局がCard紛失しやがる(←)
1/4:郵便局のマネージャー呼び出し、引越し前のアパート全住人のポストをチェックさせて発見(笑)。

 

年をまたいでバタバタしたけど、$3000ケチって弁護士雇わなかった上追加書類あった割には3ヶ月という早さでゲットできてラッキーでした。
んでもって、英語わからなくて、さらに旦那が手伝ってくれなくても自分でできるぞ!てことを証明できて大満足。
ストレスフルで喧嘩が絶えないけど!(色んな人に聞いたけど、アメリカ人旦那は基本的に手伝ってくれないケースが多いようです…英語ネイティブなのにっ!!)

 

でもって、Welcome Letterどころか郵便局に紛失されるというアメリカらしい洗礼をもろに受けて本気で泣きかけた…。住所変更してたのに!

郵便局に怒鳴り込みに行ったら「届けたわよ?前のアドレスにね!」と堂々と言われて空いた口が塞がらなかったわ…。

 

今回の教訓: 結婚と引越しと転職とグリーンカード申請は同時期にやってはいけません。 いや、まじで。