読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れいのアメリカ生活ブログ

ラスベガスとかうさぎとかパンとかスイーツとか

気ままにサングリアを作ってみた

こんにちは、酒を飲みながらご飯を作るため、食事時には既にへべれけのれいです。

 

こんな私ですが、5年前にアメリカに来た時は驚くことに下戸でした。

体質的にアルコールを受け付けず、グラスに半分も飲むと湿疹ができたり肌がまだら模様になったりと体が拒否反応を示していたのですが。

当時働いていたハワイの会社のマネージャーと毎晩のように飲んでいたら自然と反応も落ち着いてきて現在に至ります。

まあ、体質やDNAは一生変わらないので、体がアレルギー反応をがんばって抑えているだけなんでしょうけど。だからホントは飲んではいけないんでしょうけど。

 

さて。

ハワイで初めて飲んだ時に衝撃を受けたサングリア。

こんな美味しいお酒が!世の中にあったのかっ!!

…と飲みまくってその後部屋でぶっ倒れ、翌日二日酔い地獄になったわけですが。

サングリア、簡単にお家で作れます。

 

お家でおしゃれに★サングリア

 

【材料】

ワイン:1ボトル、750ml(安いものでOKだし、赤白ロゼお好きなもので問題なし!)

フルーツ:お好きなものを適当に。皮ごと使うのでオーガニック推奨です。

(今回はレモン1個、りんご1個、オレンジ2個使いました)

はちみつ:50cc(砂糖なら大さじ3ほど)

シナモンスティック:1本(なくても可)

f:id:shunray3:20161225085644j:plain

私はCOSTCOのおっきいボトルの赤ワインを使うことにしました。
あと、すべての材料が入るくらいのボトルを用意してください。蓋はなくてもOK。

 

【作り方】

1. すべてのフルーツをよく洗います。

f:id:shunray3:20161225085816j:plain

2. 柑橘類の皮をピーラーで剥き、ボトルに入れます。

3. 実の方は白い皮の部分を綺麗に剥き、適当にざく切りにして同じくボトルに入れます。面倒なのですが、白い皮を取り除かないと渋み、苦味が出てしまいますので剥いて下さい。

4. りんごも、芯を取ってざく切りにし、ボトルへ。

5. はちみつとシナモンスティックをボトルへ。はちみつはすこーし温めると混ざりやすいようなのですが、めんどくさいので私はそのままです(←)
砂糖の場合はそのままサラサラと入れちゃってOKです。

 

f:id:shunray3:20161225090206j:plain

(…ワイン開けた途端に飲み始めた私…)

6. ワインをボトルに注ぎ菜箸などでくるくるして、はちみつやフルーツがうまく混ざるようにしてください。

 

f:id:shunray3:20161225090540j:plain

完成。

24時間は置いて下さい。72時間くらい置くとちょうどいい具合になるようですがそこはお好みで。

入れたフルーツはそのまま食べてもいいし、ヨーグルトのトッピングにしたり、ジャムを作っても美味しいですよ(アルコールがガッツリ染み込んでいるので気をつけてください)

 

何もこだわらる必要なく、安いもの、シーズンのフルーツで簡単にできるのにちょっとおしゃれなサングリア。パーティーの差し入れにも喜ばれると思いますよ。

是非トライしてみてください。