れいのアメリカ生活ブログ

ラスベガスとかうさぎとかパンとかスイーツとか

My Prince

こんにちは、光熱費を抑えるため、うさぎを抱いて暖を取るれいです。

 

さて、今日はうちのうさ王子を紹介いたします。

f:id:shunray3:20161218074346j:plain

お名前:鳳梨(ホウリ、Holly)

年齢:もうすぐ3歳

種類:ライオンヘッド

性別:男の子

好物:りんご、パイナップル

鳳梨というのはパイナップルの和名です。ハワイ生まれなのと、頭がツンツンしてることから名付けました。私の大切な家族で恋人で息子です。旦那より大切です(←)

 

2014年春、仕事で精神的に追い詰められてフラフラになっていた私。たまたま立ち寄ったカハラのペットショップで目が合ったこの子に一目惚れし、そのまま連れて帰ってきてしまいました。

 

ダンボールに入れて。しかもバスで。

しかもしかも、ペット禁止のアパートだったのに(←←)

 

この子がいたから今の私があります。

ハワイからラスベガスに引っ越して来る時、カーゴに乗せなくちゃいけないとなったときには生きた心地がしなかった(この話はまた別の機会に書きたいと思います)

 

そんな大切なうさ王子鳳梨様だからこそ、定期検診は欠かせません。ハワイではかかりつけ獣医(ちなみに獣医院のことは省略してVETと呼ぶのが一般的)がいたのですが、ラスベガスの獣医事情が全くわからず、実はかれこれ半年、引っ越すと決めたときから探し続けていたのですが。

 

ついに!ついに理想の獣医さんに会うことができました。その名も

f:id:shunray3:20161218073620j:plain

何の偶然かアロハだよ(いや、これが決め手ではないのであしからず)

それこそYelpチェックはもちろん、数多くの病院に直接メールをし、電話をし、1回は診てもらったこともあるけど、どこも今ひとつでした。私のチェックポイントは

・レスポンスが早い

・質問に端的に答えてくれる

・営利目的だけではない

・ウサギ経験が豊富で手術も多くこなしている

・こちらから聞く前にリスクと危険性を正直に説明してくれる

 

アメリカは、問いかけても音沙汰ないところがほんっとに多いし、都合悪いことは濁すし。分母が少ないから仕方ないのかもだけれど犬猫がメインでうさぎ専門医は常駐じゃないところが多いです。

でもAloha Animal HospitalのドクターはYelpの評判通り経験豊富で「去勢について質問があるんだけど」と言ったら一通り説明してくれた上でちゃんとリスクについても言及してくれました。もちろんその程度の知識は私もあるけど、信頼性の問題です。

 

f:id:shunray3:20161218073608j:plain

(スケールどかしたらこのハワイ名物のチョコが出てきたのには笑った)

 

この日はAnnual Checkupで行っただけだったのですが、ここで来月去勢をお願いしようと思っています。

そう、このAnnual Checkupですが、新患限定キャンペーンで通常$60するところがなんと$1だったんですよ!思わずチップをごっそり置いてきてしまいました(笑)

そうそう、犬とか猫とか一般的なペットではなく、うさぎやフェレット、蛇やハムスターなどのペット達は獣医院において「Exotic Animals」と呼ばれます。

エキゾチックってなんか。。。

 

私の可愛い可愛い王子様。ずーっと一緒にいてね☆

 

Aloha Animal Hospital

7341 S Torrey Pines Las Vegas, NV 89139

TEL: 702-567-5222